本法寺秋の法要-報恩講-

2017年12月04日更新

本法寺では春秋の二回、お檀家さんと共にお寺
主催の法要をお勤めしています。
秋は報恩講(ほうおんこう)という法要名で、
浄土真宗という宗旨をお開きになった鎌倉時代・
親鸞聖人のご命日に因んだ法要です。
この法要は浄土真宗寺院では古来最も大事に
されてきた法要です。
今年も10月24日に厳修致しました。今秋は
台風が重なり、ずいぶんと天候を心配いたし
ましたが、当日は快晴となり、とても安堵した
ことを昨日のように覚えております。

当日の受付をご担当下さるお檀家さんも
一生懸命です。

住職のお話をご聴聞されるお檀家さん方。

法要の様子です。

来年も春の永代経、秋の報恩講という二つの
法要を大事にお勤めしていきたいと存じます。

小日向 本法寺サイト担当 白椿(しろつばき)